バックボード

60,800 円
  

バックボード・バックパネルでPR。記者会見、展示会、セミナーなどイベント用ディスプレイ

バックボードを背景に講演する女性

 

バックボード・バックパネルは簡単に設置できる大型のディスプレイ

バックボードは記者会見や展示会、イベントやパーティーなどで、会社名・ブランド・製品などをPRするためのディスプレイ。バックパネル、インタビューボードとも呼ばれます。

「背景」を使って宣伝するための、ボードですね。
「記者会見の後ろのボード」「会見用のパネル」でも何となく通じます。

横幅3メートルでも5メートルでも、工事不要で簡単に設置できる便利な大型ディスプレイです。

 

1枚の画像で制作した5Mの大型バックボード

 

貴社がスポンサーになってる韓流やハリウッドのスター、世界トップクラスのサッカー選手やMLBのスターがやって来ても慌てる必要はありません。

手軽でもしっかり。スターにひけをとることなく、PRしたいことをしっかり伝えられる広告になります!

当店のバックボードは話題の芸能人のちょっとした立ち話の背景として活躍。テレビによく出る県知事の記者会見でも大活躍中です!

 

スポンサーロゴが並んだタイプのバックボード

 

●●発表会、展示会、講演会、セミナー、フォーラムで

例えば活動を支援していただける企業からゲストスピーカーを招いてスピーチしていただきましょう。スポンサーのロゴが入ったバックボードがあれば、気分いいですよねー。支援を継続しようという気になっていただけるかもしれません。

バックボードの前で講演する女性
スポンサーを背景にしたバックボードの前でセミナー

 

幅3メートルを超えるディスプレイが手軽に設置

基本のサイズは横幅2メートルと3メートルの2種類。縦約2メートル20センチ共通。

横幅2メートルのものは3枚に、3メートルのものは4枚に分割したボードなので、持ち運びが自由自在。

展示会場、イベント会場やホテルなど必要な場所にどこでも設置が可能です。難しい作業ではありませんので、設置から撤収、移動する場合も業者に依頼する必要がなく、初めての方でも約10分で設置可能。

2台のバックボード・バックパネルを連結することで、横幅5M以上のディスプレイも簡単に設置することができます。(詳細は下記参照)

 

バックボード・バックパネルは一つのケースに収納

キャリーバッグの中には、パネルとフレームが入ります。

 

バックボードに必要なボード、フレームを1つのキャリーバッグに入れた状態

 

バックボード・バックパネルの組み立て方は簡単

バックボードの設置は、まずフレームを広げて自立させます。フレームはポップアップ式で、5秒で設置。

 

バックボードのボードは巻いて収納できます
バックパネルをキャリーバッグから出した状態

 

フレームを立てた状態から、

 

バックボードのフレーム
フレームを閉じた状態

 

少し開きます。

 

バックボードのフレームを少し広げた状態
フレームを少し開いた状態

 

フレームにマグネットバーを取り付け、3枚のパネル(3メートルの場合4枚)をマグネットで留めていきます。

 

バックボードのボードは二人で設置します
フレームを開いて立てた状態

 


フレームの奥行35センチ。バックボード・バックパネルを設置するためには奥行き約40cmが必要です。

 

バックボードを横からみた状態

 

バックボードの設置方法はこちらのページで詳しく解説しています。

 

素材・重量

  • フレームの素材:アルミ(軽量で丈夫)
  • フレームの重さ:2メートルが5kg、3メートルが6.5kg
  • 設置時の奥行き:約35cm
  • ボード1枚の重さ:約1.5kg
  • 総重量:2メートル/約12kg、3メートル/約16kg、5メートル/約20.5kg、6メートル/約23.5kg、6.5メートル/約26.5kg
  • 梱包サイズ:45x45x95cm 段ボール。5メートル以上は2個口。
    宅急便で送る場合はお届けした段ボールに入れて送ってください。

 

高品質印刷

パネルの印刷は最高品質の大型インクジェットプリンターで。高級感が求められるブランドの演出や独創的なアートにも対応可。

 

バックボードの制作に使用するプリンター

 

高耐久性

  • 出力に使うメディアは紙ではなく、手では破れない素材のポリプロピレン
  • 印刷した後、表面のキズ・汚れを保護する低温ラミネートを施します。
    (発色のよい印刷素材ですので、特に屋内では「テカリ」が気になってしまうことがありますが、ラミネートによって「テカリ」が消え、マットな感じになります)

 

 

丁寧な加工

  • 次に、表面をラミネートしたメディアを「ボード」となるPVC(塩ビ)シートに貼り付けた後、カット。
  • 最後に、ボード(PVCシート)の裏面に両面テープでマグネットを貼ります。
    このボード裏面のマグネットと、フレームのマグネットバーがくっつきます。

 

検品

印刷・加工終了後、実際にボードを一枚一枚取り付けて、不具合がないか確認してからの出荷となります。

 

バックボードの制作は専門のスタッフが丁寧に加工します

 

5メートル以上の大型バックボード・バックパネルも簡単!

基本のサイズは2メートルと3メートルですが、2台のフレーム間をボードでつなぐことで、5メートル、6メートル、さらに6.5メートルのバックボードを作ることも可能。

下の図は、2メートルのバックボードを2台つないで、5メートルにする場合のイメージです。この場合、ボードは合計7枚になります。

つなぎ方を変えることで、様々なサイズに変えることができます。 例えば2メートルと3メートルを使って6メートル(5,818mm)に。3メートルと3メートルでは6.5メートル(6,542mm)になります。

バックボードの連結して横幅を広げる方法
ボードを使ってフレーム間をつなぐ方法

 

さらに!サイドを追加すれば横から見てもスッキリ!

これはバックボードを設置して、横から見た写真です。
横から見ると、フレームと裏側が見えてしまいます。できれば、見られたくないですよね。

 

バックボードのサイドなし

 

そこで、このように「サイド」を追加していただければ、スッキリ。

 

バックボード サイドあり
バックパネルのサイドを追加した様子

 

正面から見ると横幅は片方約22cm。右と左で約44cmプラスの横幅延長になります。
サイドの追加は、プラス22,000円(左右込み)で承ります。

 

バックボード・バックパネルを見栄え良くするためのデザイン方法

デザインデータを制作される前には、必ず下記のバックボード・バックパネルをご検討のお客さまへ(pdfファイル)を参ご照ください。「サイドあり」と「サイドなし」では、データサイズが異なりますのでご注意ください。

 

ご確認ください!ボード間の隙間について

ボードの切り貼りは手作業で行うため、ボードとボードの境界には0.5-1mm程度の隙間、ズレが生じてしまいます。この点を気にされる方にはおすすめできません。どうぞご了承ください。

ボードの切れ目(上下左右)に細い線があるデザインは、線が切れ落ちてしまいますので、ご注意ください。

 

バックボードのボードとボードの隙間

 

しかし、どうしてもロゴや社名を途中で切りたくない場合、デザインを工夫していただくことで、ボード間の隙間を少しは目立たなくする方法があります。

市松模様(格子模様)のデザインの場合、「隙間を目立たなくする方法」を参考にしていただければ、上の写真程度には目立たなくなります。

バックボードの価格(パネル+フレーム+キャリーケース)

サイズ 印刷データ ボード枚数 フレーム 価格
2M 2,198*2,215mm 3枚 2M 60,800円
3M 2,922*2,215mm 4枚 3M 74,100円
5M 5,094*2,215mm 7枚 2M+2M 120,100円
6M 5,818*2,215mm 8枚 2M+3M 137,300円
6.5M 6,542*2,215mm 9枚 3M+3M 154,600円

印刷データのサイズと設置サイズはほぼ同じです。

*価格は全て税込・送料別

 

 

納期

  • データ確定から8-10営業日での発送
  • 5台以上の場合、別途お問合せください
  • 特急対応で6営業日に短縮可

 

入稿用テンプレートダウンロード

データを制作する際はこちらのテンプレートをご利用ください。
テンプレートファイルは全てAdobe Illustratorで作成されています。

2M  3M
5M 6M
6.5M 2Mサイドあり
3Mサイドあり 5Mサイドあり
6Mサイドあり 6.5Mサイドあり

 ※テンプレートは、IllustratorCS3で保存しています。

 

転倒防止に重しを乗せてください

バックボードのフレームは自立しますが、念のための「重し」があった方が安心です。

しかし、「重し」が「重い」と、バックボードの携帯性が損なわれてしまいます。そのため、砂や鉄などではなく、使用時だけ重く、収納時は軽くできるウォーターバッグをおすすめし、販売しております。

 

バックボード ウォータバッグで転倒防止
バックボード用重し

ウォーターバッグ

  • ターポリン製
  • 60cm*30cm、最大で約7kgの重りになります。
  • 収納時は折り畳んでコンパクトになるので、ほとんど荷物になりません
  • フレームの両端に2個あると安定します
  • 980円(税込)/個

 

頻繁に使用したり、移動が多い場合はハードケースをご利用ください!

バックボードの付属のキャリーケースは、大きいものをまとめて収納するためだけの、簡易的なケースです。移動・輸送して使用されることが多い場合(例えば年に15回以上)、丈夫な「ハードケース」をご検討ください。

 

バックボード用ハードケースは移動が多い場合におすすめ
丈夫なハードケース

 

バックボードより簡単に設置できるポップアップBG

フレームを広げたら設置完了のポップアップBGもおすすめです。

 

簡易的なバックボード ポップアップBGへのリンク

Customer Reviews

Based on 4 reviews
0%
(0)
75%
(3)
25%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
p
papa

安いので心配でしたが、印刷はとてもきれいでプレスリリースに役立ちました。もっとコンパクトに収納できれば最高ですが、これ以上無理かな?

デザイナー
安心してお任せできます

データ入稿から制作までいつも安心です。丁寧な仕事ぶりを感じます